【ネタバレ注意】日曜劇場ドラマ 半沢直樹 第2話のあらすじと感想

スポンサーリンク

どうもゆー・です。半沢直樹も大詰めですね。全然感想アップできてなかったですが、ちょっと駆け足で紹介していきます。

第2話の気になるキーワード

お、し、ま、いDEATH! 万年筆 新株発行 ホワイトナイト FOX

第2話あらすじ

半沢直樹(堺雅人)は、部下の森山(賀来賢人)とともに再度電脳雑伎集団に掛け合うが、相手にされず追い返される。

その、一方で東京セントラル証券を裏切って伊佐山(市川猿之助)に情報を流し、銀行に戻れた諸田(池田成志)と三木(角田晃広)だったが、三木は総務部に異動となり、伊佐山たちから雑用を押し付けられ罵られる日々。

また、買収相手であるスパイラル社長の瀬名(尾上松也)は買収を拒み荒れていた。
親友である瀬名を気に掛ける森山は必死にアポを取ろうとするが拒まれる、半沢に相談しながら買収防衛策をまとめた書類を送り付ける。その書類を読んだ瀬名は森山に謝罪し、買収防衛策についての相談を持ち掛けてきた。

瀬名は新株発行という手段を取ることを決意。救世主となる新株の買取先は、瀬名もあこがれるIT企業フォックスの社長・郷田(戸次重幸)だった。契約は順調に進むかと思ったが半沢と森山も機密保持契約を結び、瀬名と郷田社長との面談に同席。新株買取のためには1000億円の費用が必要だったが、半沢は現在のフォックスにその資金がないこと、フォックスのメインバンクが東京中央銀行であることを知りあやしんでいた・・・

第2話感想

諸田の小物ぶりと伊佐山のオーバーアクションが面白い。一番の見せ場は大和田の「お、し、ま、いDEATH!」。

瀬名社長の人間っぽさは回を増すごとに見えてきます。森山の友達を思う気持ちと、半沢の保身をまったく考えない理想の上司像。「このままで終わらせるな!」というセリフには震えました。新株発行からホワイトナイトフォックスの経営状況を見たときに1000億円という金を出せるとは思えないことに感づく半沢ですが、森山に謝罪した三木を心底から信用することで味方につけるとことか独特に人たらし感があります。

一方で銀行に情報を流したかと思っていた岡社長だが、全く関与していなかった。この岡社長の小心者ぶりも見どころの一つ。よっぽど半沢が社長をした方がいいのではと思う。三木は伊佐山のすきを見て買収契約書の入手に成功しますが、見ていてはらはらしました。渡真利(及川光博)から融資承認の情報をスパイラルとフォックスの契約成立5分前に入手します。渡真利さん情報屋です。フォックスに1000億の融資をする銀行はないことを半沢は瀬名に告げる。つまり郷田が東京中央銀行以外の銀行名を言えばうそをついていることになりますね。

浜村から電脳雑伎集団の社長夫妻と広重の写真も送られてきてチームプレイの大切さを感じさせられます。このギリギリのとこで色々と動く臨場感は半沢直樹の醍醐味ともいうべきでしょう。

・渡真利の融資情報 ・三木の買収契約書コピー ・浜村の写メ

全てがファインプレーですね。最終的に広重から、絵図を書いた張本人伊佐山の名前が出ます。洗いざらい吐かせて完全勝利です。その後の、伊佐山の詫びろもおもろい。半沢の切り札はスパイラルとの正式なアドバイザー契約です。銀行と対立しようが、顧客第一主義を貫く半沢。これは中野渡頭取の方針でもあります。ぐうの音も出ない伊佐山に三笠副頭取も徹底的に戦うと表明。岡社長と半沢は中野渡頭取に呼び出される。この中野渡頭取は前回のシリーズから重みのある人物で何を考えているかわからない怖さがあります。全身全霊で顧客第一を貫く半沢に頭取は激励します。懐の大きさが伺えますね。

まとめ

最終的には銀行と全面的に対立してしまうところとか、一見してかっこいいですが、失敗すればバンカーとしてはやっていけなくなるのにやってしまうところが、行動のやばさですね。今後も半沢劇場に期待です。

スポンサードリンク

 

 

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、九州に来て某3流大学を卒業後、ブラックなアパレル会社に入社し社会人しょっぱなから人生の厳しさを味わう。その反動でフリーターをして、現在の会社に就職。十人十色のビートが世の中ありますが、このブログはどんなビートを生み出せるでしょうか・・・