50歳の人と5歳の子供では時間の感じ方が違うらしいので調査してみた

スポンサーリンク

どーもゆー・です。今日は、紅白ネタをお休みして、ちょっと真面目な話です。年齢を重ねていくと若かりし頃に比べて1年たつのが早く感じませんか?僕も1年本当に早いなあと思います。子供もあという間に成長するし、このままおっさんからじいさんになっていくんだなあと。まあ、自然の摂理ですけど。今日は、時間の感じ方をテーマに色々調査してみました。

フランスの哲学者ポール・ジャネの発案した法則

「主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く、年長者にはより短く評価される」というジャネー法則を発案したそうです。例えば、50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどであるが、5歳の人間にとっては5分の1に相当する。よって、50歳の人間にとっての10年間は5歳の人間にとっての1年間に当たり、5歳の人間の1日が50歳の人間の10日に当たることになる。ということらしいです。これって恐ろしい話だと思いませんか?年をとればとるほど、時間が早く過ぎていく坂を下っていて斜面がなだらかだったのがじょじょに急になっていくようなイメージでしょうか何より子供と時間のたち方感じ方が違うのが怖い。子供にとってはまだそんなに経っていないからのんびりしているけど、親はもうこんな時間とせかせかしてします。身に覚えありますよね。

大人の生活、子供の生活

大人の生活は単調で同じことの繰り返しになるから時間がたつのが早い、もしくは早く感じる。子供は逆に毎日が新しい発見に満ち溢れていて、充実した日々を送ります。ただ、ルーティンライフでなくいくつになっても子供の用に新しい挑戦をしたり、無感情でなく色々なことに興味を持って驚いたりすることで1日1日がより充実してくるのではないでしょうか。

時間を上手に使いましょう

ぼーっと毎日同じ繰り返しで過ごしてあっという間に1年がたってしまうのはなんだかもったいないと思いませんか?前章でも書いたように新鮮な経験をするとゆっくりに感じて、充実した気持ちになるようです。時間はみんな平等に与えられています。いかに効率よく充実させるかは本人だけにしかできません。じゃあ行動レベルではどうしたらよいでしょう?

1日・1週間・ 1ヶ月間の大まかなスケジュールを立てましょう。

予定を立てて実行してくことを継続すると時間に無駄がなくなります。

やると決めたら即実行しましょう。

人間先延ばしにすると結局やりませんし、時間も無駄になります。

それでも、自分の好きなことは時間を忘れて楽しみましょう。

ずっとスケジュール管理をして生活をしていたらそれはそれで窮屈でしょう。それなら自分の好きなことをする時間ぐらいは制限なしで楽しんだっていいじゃないんでしょうか

 

まとめ

いずれにしろ、大人時間は早く感じることに慣れてしまうと思うので結局気持ちの問題のような気がします。子供がいる方は、無邪気に色々なことに挑戦したり、感動したりする子供を見て「わしも見習ってみようかのう」と思うことが大事だと思います。

PS:子供と精神年齢が変わらない大人は時間の感じ方も子供と同じなんでしょうかw

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、九州に来て某3流大学を卒業後、ブラックなアパレル会社に入社し社会人しょっぱなから人生の厳しさを味わう。その反動でフリーターをして、現在の会社に就職。十人十色のビートが世の中ありますが、このブログはどんなビートを生み出せるでしょうか・・・