インフルエンザが流行っているんで今年の傾向と対策について調査してみた

スポンサーリンク

どーもゆー・です。皆さんの学校や職場では、インフルエンザ流行ってますか?毎年毎年こりもせずこの時期ワーワー言い出すのが、インフルエンザです。インフルエンザはかかると厄介で公共の場から完全に隔離されます。大事なテストがある学生も、大事な商談がある会社員も、明日司法試験の人もこれにかかると問答無用で隔離されて休まされます。ですから極力かからないように自分で予防をしましょう。

日本におけるインフルエンザの流行傾向とは!?

季節性インフルエンザには、A型、B型、C型の3種類があり、全ての年齢層に対して感染し、世界中で繰り返し流行しています。日本では、季節性インフルエンザは冬季に毎年のように流行します。通常は、11月下旬から12月上旬頃に最初の発生、12月下旬に小ピークを迎えて、翌年の1-3月頃にその数が増加しピークを迎えて4-5月には流行は収まるパターンですね。

どんな症状が出るの?

非常に風邪と間違われやすいインフルエンザですが、風邪に比べて高熱が出て、のどの痛みだけでなく、関節痛や筋肉痛を伴います。さらに風邪の場合ゆっくり症状が出てくるのに対して、インフルエンザは急激に症状が出てきます。症状が出る部位も局所的ではなく、全身に倦怠感が現れるのも特徴です。
潜伏期間は1~4日(平均2日)で多くの場合1週間程度で治りますが、乳幼児や高齢者、基礎疾患を持つ方の中には、肺炎を併発したり、基礎疾患の悪化を招く場合があります。特に乳児、幼児など適切な処置を施さなかった場合死に至るケースもあるようです。これは、体力的な問題でしょうね。

かかってしまった時の対処法ってあるの?

安易に風邪と判断せずにまあすべての病気に対して言えますけど、早めに医療機関を受診し治療を受けましょう。発症後48時間以内に抗ウイルス薬の服用・吸引をすれば、症状が軽減され、早く治ることが期待できます。(対象は1歳以上)

早めに治療することは自分の身体を守るだけではなく、ほかの人にインフルエンザをうつさないという意味でも重要です。また、家庭でできる一般的には以下のような対処法があります。

● 風邪と一緒で安静にして休養を取る。特に睡眠が重要
● 部屋の温度や湿度を適切に保つ。(気温18〜20℃、湿度50〜60%程度)
● 水分を十分に補給する。(お茶、ジュース、スープ類など)僕は緑茶がおすすめです。

予防接種もあるよ!

ワクチンを接種したからといって100%かからないという保証はありませんが、発症や重症化を防ぐためにも流行前にワクチン接種することは大切なことですね。ただし、接種してからワクチンの効果が出るまで2週間ほどかかります。しかも今年は当たり、はずれがあるようですね。
また通常の流行期は1〜2月ですので、接種時期は12月上旬までが望ましいとされています。毎年流行シーズン前に接種しましょう。効果はおよそ5ヶ月ほどのため、流行期をカバーできます。

誰でもできる簡単予防法

ちょっと聞いた話なんですけど、20分おきに水分補給をするといいそうです。のどが乾燥して菌が繁殖するわけなので、そこに水分(緑茶だとカテキン効果で洗浄)補給すれば胃に流れて行って胃酸で壊滅できます。

まとめ

今日は紹介しませんでしたが、インフルエンザにはA型、B型、C型とあり、さらに新型もあるようです。とにかく普段から体力を落とさないように(菌の入るスキを与えない)ご飯を3食きちんと、食べること。よく睡眠をとって体を休ませることが大事ですね。

PS:我が家の掟でインフルエンザにかかった場合、実家に強制送還されます。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、九州に来て某3流大学を卒業後、ブラックなアパレル会社に入社し社会人しょっぱなから人生の厳しさを味わう。その反動でフリーターをして、現在の会社に就職。十人十色のビートが世の中ありますが、このブログはどんなビートを生み出せるでしょうか・・・