JBLのBLUETOOTHスピーカーを買ったのでレビューしてみる

スポンサーリンク

どーもゆー・です。実は僕のパソコンは、原因不明なんですが、音が出ないんです。ドライバもあたってるし、問題なさそうに見えて全くでないという。それで今まで有線の安いスピーカーを使っていました。

しかし時代はワイヤレスということでBlueTooth対応のスピーカーにしてみようかと・・・というのもJBLっていうメーカーが良いと聞いて、まあ、予算も5000円ほどで買おうかなと買ったのがこちらです。

JBL GO2

はい、これのオレンジです。黒かオレンジしかなかったんで、オレンジにしました。デザインがいいですよね。ということで使ってみた感想とJBLというメーカーについて解説します。

JBLという会社

ホームページです。元々、ジェームス・B・ランシングという人が創設した会社で、アメリカ合衆国カリフォルニア州ノースリッジに本拠地を置く世界有数の音響機器製造会社です。音響機器というと、BOSSとかONKYOとか僕は思い浮かべますけど、アメリカじゃ圧倒的シェアみたいですね。JBLのスピーカーは初動特性と音場表現能力に優れているとされ、プロの録音スタジオ、映画館などでも多く使われています。

ジェームス・B・ランシングについて

一時期はアルテックランシングの技術副社長でした。技術者としては優秀でしたが、経営者としての能力には恵まれてなかったようで、事業の悪化に伴い1949年に自殺してしまいました。

1924年から1927年まで、ソルトレークシティのラジオ局で技師として勤務し、そのた経験からラジオ受信機のスピーカーを改良することを構想し研究を行っていた彼は、1946年にランシングは新たにスピーカー製造事業に乗り出します。社名をジェームス・B・ランシング・サウンドとしました。

資金については、マークウォード航空の援助にて同社の敷地内に事業所を移しています。しかし、2年後には債務が1万5千ドルまで膨れ上がり、同社と合併まで迫られますが、ゼネラルタイヤとマークウィード社が合併をしてしまい、再建の策を失ってしまいます。

しかし、自己再建を目指していましたが、翌年1949年には、マークウォード航空からの債務が2万ドルまで膨れます。その年、サンマルコの向上で彼は自ら首を吊って帰らぬ人となります。

当時の、スピーカーの需要はまだまだなかったのか、もしくは、商売できる商品ではなかったのかは分かりませんが、ショッキングな最後ですね。経営の大変さがうかがえます。

実際使ってみた

はい、今回購入した、JBLbyHARMAN GO2ですが、操作はいたってシンプルです。上部に集中してボタンが配置してあります。

こんな感じで、左から電源、Bluetooth、音量小、音量大、マルチファンクションとなっています。電源ボタンを押すと何とも言えないお知らせ音が鳴ります。かっこええ・・・

持った感じは結構ずっしり来ますね。丸みを帯びていて女性にも人気が出そう。サイドには、イヤホン端子と充電端子が搭載されています。イヤホンコードでも接続可能です。

肝心の音ですが、このクラスのスピーカーで考えると100点満点です。しかも3000円台でこの音だったら、めちゃくちゃコスパ良いですね。防水機能付きですので色々な場面で活躍します。バーベキューだとか、海だとか音楽をいつでも持ち歩けますね。しかもマイクも付いているようで、通話も可能です。マルチファンクションボタンを使って切り替えるようです。

その他の付属品は、USBの充電ケーブルだけです。

まとめ

がっつりクオリティを求める人以外は、このクラスのスピーカーで十分だと思います。10000円台の同じJBLのスピーカーもありましたが、10000円までは、出さないかなと思いました。様々なシーンで音楽をみんなで聞きたい方にはお勧めです。

PS:その10000円のスピーカーをGO2だと思って、レジまでもっていって10000円と言われて焦って間違えましたと言ったらこちらじゃないですかと冷静に店員に対応された話はあまりしたくありません。(してんじゃん)

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、九州に来て某3流大学を卒業後、ブラックなアパレル会社に入社し社会人しょっぱなから人生の厳しさを味わう。その反動でフリーターをして、現在の会社に就職。十人十色のビートが世の中ありますが、このブログはどんなビートを生み出せるでしょうか・・・